1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

BranchTime's INDEX

BranchTimeに寄稿いただいたTSF小説・マンガ・イラスト

22

Category: 小説

Tags: 憑依  オリジナル  小説  K27  

本文: 0  Trackback: 0

身体探し

身体探し
2010年09月22日 憑依オリジナル小説
K27(著)

身体探し――第一話 初めての霊体憑依……が出来るまで? K27 9月18日

何時からだっただろうか……。否、何時までこうしているんだろ、俺は――。一体――。誰だっけ?
 俺は自分の名前をとうの昔に忘れていた。自分が何者で、何故ココに居るのかすら覚えていない。嫌、何者って点では、確証は無いが何となく覚えがある。だが、覚えがあっても知る術を持ち合わせていないのが現実。
そうだ、原因は……午前中、俺は“消失”してしまう所為にある。それは字の如く、消えて失ってしまうと言う意味。光輝な朝日と共に。
 それでも、午後になると俺は一部の記憶だけは甦る。と言っても生活水準レベルの記憶だが。その一般的な記憶が戻り始めると時機に身体も戻り始める。肉体と記憶がセットで。地面に散らばった欠片が一つに纏まるように、集圧されて。
俺の魂が少しずつ、形を成して、復元。生命が息吹を上げる。この時点では、まだ完全では無いにしろ。

 そして今現在――俺の瞳は曇り、何も映らないし何も見えていない。不完全な代物。それも太陽が紅く燃え染まるまでの辛抱だ。
陽光が落ち始めた頃には、俺の眼は確りと物が見え捉える事が出来る。俺の瞳に映るは素晴らしい町並み。
そして幾月、幾年、幾星霜も変わらぬ、あの鮮明で美景な夕焼け空が。雄雄しく俺の瞳を熱く焦がす。
景色を見る為、俺は好きでこの場所を動かず佇んでいると言っても過言では無い。……佇んでいるとは言ったが詳しく言えば、地に足は着いていない。それは俺だけが知っている理(ことわり)。一種の能力みたいなものだ。
 俺としちゃあ今はどうでも良い。今はこいつ――深い年期を重ねた、薄汚れた学校と一緒に。錆び付いた鉄の校門前で、ただジッと眺める。あの茜色をした雲と空を。世界中どの場所で見ても、遜色ない夕陽を。優雅で其れでいて心を突き動かす。あの沈み往く様はまさに有終の美だ。
関連記事

Comments

Leave a Comment


Visiter from
TEST
Flag Counter
BranchTime待合室(BBS)
連絡・雑談・ご寄稿に
twitter
BT2.0
テスト中
BT-Menu
<

SKN

Author:<%author_name>
<%introduction2>

BT-BBS
汎用BBS 
作品の寄稿・サイトからのお知らせ・雑談・感想・要望・不具合報告
2011/4以前のBBS
BT-1.0
第一期多人数参加型リレー小説
2009.5.12で終了
BT-2.0
第二期多人数参加型リレー小説(稼動中) サーバ障害で一部ログが消失 PASS:3333
BT-2.5
レンタルBBSを利用した簡易型リレー小説
(試験的に運用中)
 
BT-POST
小説・イラスト作品のご寄稿受付
OEKAKI-BBS
共用お絵描き掲示板 ぱられるせんす様のところ
OEKAKI-CHAT
用お絵描きCHAT 
見学のみ・雑談のみでもOK
 

全記事表示リンク
Pixiv
検索フォーム