1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2018

BranchTime's INDEX

BranchTimeに寄稿いただいたTSF小説・マンガ・イラスト

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

27

Category: 小説

Tags: オリジナル  小説  K27  

本文: 0  Trackback: 0

ヒダラ第二章

ヒダラ第二章
2011年4月27日 皮モノ?・オリジナル
K27(著)


 今は力強い雨が木々や建物を荒々しく打ち付けている。さらりと木の葉が、揺れて落ちる程度の雨ではない。樹木は幹の根元から枝が折れて落つ。建物は横縦に揺さぶられている。天候は次第に豪雨となり、雷雨になり、暴風が出て、嵐となっている。
 先ほどはカラっと晴天。雲一つ無かった空が嘘のようだ。まさに晴天の霹靂ではないだろうか。
 そしてここ――周囲を原生林で囲まれている山々の中に一つの寺があった。決して広くも、狭くも無い。庭が存在する寺である。
 唯、誰も住んで居ないのか、ぼうぼうとした雑草が彼処に生い茂っていた。人間の膝丈まである草なのだ。
 寺には他にも特徴がある。鐘の紐が片方すす切れて、落ちかけている。
 本堂の風除けとなる筈の瓦、壁や戸板には鼠が齧ったような歪な穴が開いていた。隙間風が所彼処に入り込んでいる。
 この寺は俗に言う破れ寺だったのだ。処は尾張三山が連なる――丁度、本宮山と白山の山間部に位置している。
 本堂の瓦屋根は辛うじてあるが、雨風を完全に防げる代物ではない。
 そんな中で、雨宿りをしている者達がいた。男が四人、女が三人の計七人である。うち四人は床に付いていた。
 だが、この嵐の中でも、特に懸念せず、酒を飲んではどんちゃん騒ぎをしている者達が三人いた。
 三人が皆、熊みたいな巨躯をしており、年から年中顔やら腕やら脛から硬質な毛を隠さず、そう然と生やしていた。たまに足や腕を掻く仕草を見ると、虱(しらみ)や蚤(のみ)でもいるように思えてしまう。見るからに猛々しい男達である。
 毛むくじゃらの男達は泥に塗れた編み笠や蓑を着込み、背中には火縄銃を背負(しょ)っている。どうやら猟師のようだ。
 猟師達はささくれたった木床に胡坐を掻き、三人で囲むように飲み交わし談話していた。
関連記事

Comments

Leave a Comment


Visiter from
TEST
Flag Counter
BranchTime待合室(BBS)
連絡・雑談・ご寄稿に
twitter
BT2.0
テスト中
BT-Menu
<

SKN

Author:<%author_name>
<%introduction2>

BT-BBS
汎用BBS 
作品の寄稿・サイトからのお知らせ・雑談・感想・要望・不具合報告
2011/4以前のBBS
BT-1.0
第一期多人数参加型リレー小説
2009.5.12で終了
BT-2.0
第二期多人数参加型リレー小説(稼動中) サーバ障害で一部ログが消失 PASS:3333
BT-2.5
レンタルBBSを利用した簡易型リレー小説
(試験的に運用中)
 
BT-POST
小説・イラスト作品のご寄稿受付
OEKAKI-BBS
共用お絵描き掲示板 ぱられるせんす様のところ
OEKAKI-CHAT
用お絵描きCHAT 
見学のみ・雑談のみでもOK
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
全記事表示リンク
Pixiv
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。