1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2018

BranchTime's INDEX

BranchTimeに寄稿いただいたTSF小説・マンガ・イラスト

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09

Category: 小説

Tags: 皮モノ  オリジナル  小説  暁晃  

本文: 0  Trackback: 0

ガードマン(?)

ガードマン(?)
2011年03月09日更新 皮モノ・オリジナル
暁晃(著)


俺を眠りから目覚めさせたのは一本の電話だった。
「ふわぁ。仕事か……」
ベッドから起きて受話器を取る。そこから聞えてきたのは聴きなれた声だった。
「仕事だ。すぐに本部に来い」
「了解……」
俺は寝まきを脱ぐと、手短にハンガーに干してあった背広を着て出かけた。俺が根城にしているボロアパートから少し歩くと、桜並木があってそこを通る。時期は三月の中旬。蕾の桜が今か今かと開花を待っている。三月下旬から四月にかけて、この花は開き、入学生や新入社員を出迎えるのであろう。
「ま、俺には関係ない事だがな」
俺の名は貴崎(きさき) 真(ま)護(もる)。年齢は24歳。少しばかり特殊な職業をしている。しばらくして、コンクリート建ての立派なビルに着く。ここが俺の職場だ。受付にIDカードを渡し、俺は“本部”がある十三階へ向かう。
「お早うございます」
「おう。リーダーがお呼びだ。すぐに行け」
そこには、さっきの受話器から聞えてきたいかつい声の男がいた。俺の上司、久志(くし)田(だ) 岩(いわ)雄(お)だ。身体は俺の二倍くらい大きい大男でそれに似合う厳つい顔をしている。そこで俺は彼の言葉に疑問を持った。
「リーダーから直属にですか?」
「ああ。何でも、大きな仕事らしいからな。お前は期待のエースなんだ。胸を張って引き受けてこい」
「はい」
この仕事を七年ほどやっているが、今回の様にリーダーから直属に仕事が来る事なんて滅多にない。俺は気を引き締めてリーダーの居る社長室へ行く。社長室の扉にはこの組織のシンボルマークであるギリシャ神話の女神、アテナの横顔が小さな金細工で付いている。俺は少し緊張しながら、その扉を叩いた。
「貴崎真護、エージェントno,324。コードネーム“オハン”来ました。」
「入って頂戴」
関連記事

Comments

Leave a Comment


Visiter from
TEST
Flag Counter
BranchTime待合室(BBS)
連絡・雑談・ご寄稿に
twitter
BT2.0
テスト中
BT-Menu
<

SKN

Author:<%author_name>
<%introduction2>

BT-BBS
汎用BBS 
作品の寄稿・サイトからのお知らせ・雑談・感想・要望・不具合報告
2011/4以前のBBS
BT-1.0
第一期多人数参加型リレー小説
2009.5.12で終了
BT-2.0
第二期多人数参加型リレー小説(稼動中) サーバ障害で一部ログが消失 PASS:3333
BT-2.5
レンタルBBSを利用した簡易型リレー小説
(試験的に運用中)
 
BT-POST
小説・イラスト作品のご寄稿受付
OEKAKI-BBS
共用お絵描き掲示板 ぱられるせんす様のところ
OEKAKI-CHAT
用お絵描きCHAT 
見学のみ・雑談のみでもOK
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
全記事表示リンク
Pixiv
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。