1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2018

BranchTime's INDEX

BranchTimeに寄稿いただいたTSF小説・マンガ・イラスト

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23

Category: 小説

Tags: 皮モノ  オリジナル  小説  イラスト  みゆき  K27  

本文: 0  Trackback: 0

スキンウォーズ

スキンウォーズ
2010年05月23日 皮モノ・オリジナル・小説
K27(著) みゆき(画)
miyuki
 かつて、この世界――キンスには女神が居た。女神の名はアルンテンシア。世界を滅ぼそうとした最初で最後の神にして邪神である。
彼女は人間達の目に余る行いの所為で邪に染まったのだ。自然や動物を蹂躙する姿を見て。人間を愚かだと見下し、戦いを挑んでいく。
 それが第一次キンス戦争の始まりである。この戦争で世界の半分近い、人間達が死に絶えた。悲しみが世界を包み込み。憎しみが芽をだす。
 ――戦いは自ずと激化していった。そんな時だった、三人が現れたのは。勇者と呼ばれる存在。彼ら三人はアルンテンシアと互角の力を持っていた。
一見勇者の方が有利に見える。だが問題は別にあった。幾度、殺してもアルテンシアは死ぬ事は無い。不死の存在だった。つまり何時までも決着を迎えないと言う事だ。だから勇者は封印の道を選んだ。
 決死の戦いにより勇者達はアルンテンシアを封印し一枚の皮にした。その後、勇者達はその皮を厳重に保管する為、三人で守る事にしたのだ。
 そして、年月が経つにつれて世代も交代していく。その皮が現在保管されているのがココ――キンス神殿である。床も壁も全てが大理石で造られており、無駄に高級感がある場所。
中央にある、紋様の描かれたガラスケースの中には女神の皮が飾られている。今でも皮からは大量の魔力が夥しい程漏れていた。それを封じるかの様に一人の男が呪文を唱え続けている。
彼が詠唱していると、何処からか甲高い声が聞こえた。彼は声のする方を向く。
関連記事

Comments

Leave a Comment


Visiter from
TEST
Flag Counter
BranchTime待合室(BBS)
連絡・雑談・ご寄稿に
twitter
BT2.0
テスト中
BT-Menu
<

SKN

Author:<%author_name>
<%introduction2>

BT-BBS
汎用BBS 
作品の寄稿・サイトからのお知らせ・雑談・感想・要望・不具合報告
2011/4以前のBBS
BT-1.0
第一期多人数参加型リレー小説
2009.5.12で終了
BT-2.0
第二期多人数参加型リレー小説(稼動中) サーバ障害で一部ログが消失 PASS:3333
BT-2.5
レンタルBBSを利用した簡易型リレー小説
(試験的に運用中)
 
BT-POST
小説・イラスト作品のご寄稿受付
OEKAKI-BBS
共用お絵描き掲示板 ぱられるせんす様のところ
OEKAKI-CHAT
用お絵描きCHAT 
見学のみ・雑談のみでもOK
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
全記事表示リンク
Pixiv
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。