1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  12 ,2018

BranchTime's INDEX

BranchTimeに寄稿いただいたTSF小説・マンガ・イラスト

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20

Category: 小説

Tags: 皮モノ  オリジナル  小説  イラスト  みゆき  K27  

本文: 0  Trackback: 0

演劇に必要なモノ

演劇に必要なモノ
2010年06月20日 皮モノ・オリジナル・小説
K27(著) みゆき(画)
2010年09月22日 続編追加

miyuki2
 ここは私立の名門――美河創造学院。文武両道がキャッチコピー。非常に倍率が高く、入るのも出るのも困難な高校。泣く人間もいれば、笑う人間もいる。様々な人間模様。
その中には俺もいる。俺は受験票を見ながら、掲示板に張り出された合格番号を必死で探す。そこが、天国か地獄の別れ目だから。どうやら、俺は天国行きのようだな。
頭を抱え、合格番号を見ながら俺は一人ほくそ笑んだ。そこに、俺は受かったからだ。これからの事を考えると思わず笑いが込み上げてくるぜ。楽しいスクールライフの始まりだ。
 ――入学して一週間がたった。ちょうど学校にも慣れた頃。ついに新入生募集の部活が解禁となる。放課後。俺は迷わず入部届けに、ある一つの部活の名前を書いて部室へと足を運ぶ。
部室は一階の階段の裏にひっそりとある。そこは暗くジメッとして、いかにも人を寄せ付けない雰囲気の場所だ。普通の人間なら中にも部活にも入ろうとは、まずしないだろう。だが、俺は入る。
ある目的の為に。
 部室の前に立つと、俺は二三回、ドア越しにノックをした。返事がない。誰も居ないのか。それなら何故、中から声が聞こえてくるんだ。ドアの前からでは、何を言っているのかよく分からない。
だから俺はドアに耳を当てた。よく澄まして聞く為だ。

『あふぅ……んん……気持ちいいん』
『どうだい。ここかい、ここなのかい?』
『あっふぅ、や、やぁぁん! す、すっごくいいのぉ』
「!?」

 一瞬ドキッと驚くと俺は思わずドアから耳を離してしまう。中で一体、な、何をしているんだ? 何だ、妙に口が渇く。それに、この音と匂いは。ま、まさかな。ハハ……。
俺は生唾をゴクリと飲み込み、ドアノブを握り締める。……開いているのか。どうやら鍵は掛かっていないようだな。――どうした事だ、心臓の鼓動が高鳴る。クソ、止まらない。開けようとすると汗で手が滑ってしまう。
身体が思うように働かない。しっかりしろ、俺。まずは深呼吸だ。ふぅ、ふぅ……目的がある。ふぅ、崇高な目的が。よーし。俺は気を落ち着かせると意を決してドアを開けた。
 中は思ったより暗くは無い。その所為でハッキリと見てしまう。そこには、俺が予想していた事が行われていた。広いテーブルの上で男と女が一つになっている。しかも、騎乗位だ。男が女を下から勢いよく突き上げている。
巨大なイチモツで。そして華麗に。女は男の為に絶妙に腰を使う。上手い。実に見事だ。俺は二人に心を奪われた。そして二人とも口から涎を垂らし、今にも逝きそうだ。一応、気を利かせてドアを閉めた。そして二人はフィニッシュを迎える。

『ううっ、あぁぁああん!』
関連記事

Comments

Leave a Comment


Visiter from
TEST
Flag Counter
BranchTime待合室(BBS)
連絡・雑談・ご寄稿に
twitter
BT2.0
テスト中
BT-Menu
<

SKN

Author:<%author_name>
<%introduction2>

BT-BBS
汎用BBS 
作品の寄稿・サイトからのお知らせ・雑談・感想・要望・不具合報告
2011/4以前のBBS
BT-1.0
第一期多人数参加型リレー小説
2009.5.12で終了
BT-2.0
第二期多人数参加型リレー小説(稼動中) サーバ障害で一部ログが消失 PASS:3333
BT-2.5
レンタルBBSを利用した簡易型リレー小説
(試験的に運用中)
 
BT-POST
小説・イラスト作品のご寄稿受付
OEKAKI-BBS
共用お絵描き掲示板 ぱられるせんす様のところ
OEKAKI-CHAT
用お絵描きCHAT 
見学のみ・雑談のみでもOK
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
全記事表示リンク
Pixiv
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。